大学留学・大学院留学の準備英語学校TOP > コース一覧 > 留学総合英語コース > GMAT対策 > GMAT 基礎知識

【MBA留学の無料セミナー】
東京 大阪 2016.08.27(土) 1日でわかる! イギリス大学院&MBA留学 セミナー(特設サイトへ)

GMAT 基礎知識

GMAT対策 | GMAT 基礎知識 GMAT Q&A

GMATとは?

MBA (Master of Business Administration)、いわゆる経営修士号を取得することを目的としたビジネスコースに入学する条件として、世界の1,900大学、5,000以上の修士マネージメントプログラムがGMAT(Graduate Management Admission Test)のスコア提示を求めています。
TOEFLやIELTSは留学生のための試験ですが、GMATはネイティブの学生にも課されます。GMATテストはGMAC (※) により実施されています。

※Graduate Management Admission Council。世界のトップビジネススクールによる非営利団体で、GMATの実施団体です。

GMAT 試験の概要

GMAT は、ライティング(AWA)・総合分析能力テスト(Integrated Reasoning)・数学能力テスト(Quantitative/Math)・言語能力テスト(Verbal)の4セクションで構成されていて、読解、作文、文法、語彙・熟語、その他専門知識などさまざまな角度から実力を判定されます。合否判定ではなく、800点満点のスコアによる学力判定方式。(800点満点の Math と Verbal 総合スコアとは別に、AWA 及び Integrated Reasoning の点数が出る)
試験方法はパソコンでのオンライン受験で実施されています。

▼GMAT 受験概要
受験資格 13歳以上
受験回数制限 12ヶ月間に5回まで(前回の受験以降31日を過ぎていること)
スコア有効期限 5年
受験料 250 USドル
試験日程 基本的に平日随時実施
日本での受験会場 東京、名古屋、大阪、福岡
申込み方法 mba.com に登録後、オンライン申込みができます。支払方法はクレジットカード払いが可能です。 詳細は http://www.mba.com/ でご確認ください。

GMATの特性

  1. 過去5年間の GMATスコアがすべて、指定のビジネススクールに送付されます。
  2. 試験は Computer Adaptive Test (CAT) 方式で実施されます。
    Computer Adaptive Test (CAT) 方式とは
    最初に難易度中レベルの問題が出題され、以降、正解/不正解によって次の問題の難易度が変わります。難易度の高い問題に正解すれば得点が高くなります。最初の10問の正答率が全体のスコアに大きく影響すると言われています。またこのような出題方式のため、問題のスキップや、回答の見直し、後からの修正はできません。
  3. テスト終了後、スコアをキャンセルすることができます。キャンセルすると記録として残りません。キャンセルしなかった場合は、その場で非公式の点数を確認できます。(点数確認後のキャンセルはできません)
  4. GMAT は TOEFL や IELTS のように、「スコアいくつ以上」という合格条件があるわけではありません。志望校の合格者平均スコアを目安として目標を立てます。

GMAT 試験の構成

セクション 試験時間 出題数 設問の種類 評価
AWA(Analytical Writing Assessment) 30分 1問 ・Analysis of Argument
スコア
0~6(0.5刻み)
Integrated Reasoning 30分 12問 ・Multi-Source Reasoning
・Graphics Interpretation
・Two-Part Analysis
・Table Analysis
スコア
1~8(1.0刻み)
Quantitative 75分 37問 ・Problem solving
・Data Sufficiency
総合スコア
200~800
VERBAL 75分 41問 ・Sentence correction
・Critical Reasoning
・Reading Comprehension

AWA(Analytical Writing Assessment)

Analysis of Argument のエッセイを作成。制限時間は30分です。スペルチェックやグラマー(文法)チェック機能が使用できない環境でエッセイを画面へ入力します。

  • Analysis of Argument 問題文の中の意見に対し、分析、批評する

各2名づつの評価者によって0~6の間で評価されます(0.5刻み)。

Integrated Reasoning

制限時間30分で、12問が出題されます。

  • Table Analysis
    テーブル内のデータをソート・分析・理解し、データに関して述べている各文の正誤を選択する問題です。
  • Graphics Interpretation
    グラフや図表について述べている文が正しくなるように文中の選択肢を選ぶ問題です。
  • Multi-Source Reasoning
    タブごとに分かれた文章や図表の情報から、データに関して述べている各文の正誤を選択する問題です。
  • Two-Part Analysis
    2つの質問に対する答えをそれぞれテーブルから選択肢する問題です。

Quantitative

制限時間75分で、37問が出題されます。
  • Problem Solving
    数学の知識と問題にすばやく回答します。問題は全て基本的な数学の知識や方法で解くことができます。
  • Data Sufficiency
    難解問題。質問に答えるために、必要な情報を正確に理解して解答することがポイントになります。必要のない情報(トラップ)も提示されるため、与えられた2つが両方とも必要な情報か見極めることが必要になります。

VERBAL

制限時間75分で、41問が出題されます。
各セクションの設問数の目安は、SC:15問、RC:14問、CR:12問、ですが、出題の順番や各設問数は決まっていません。(混在して出題されます)

  • Sentence Correction (SC)
    文章の下線部の間違いを指摘、修正する問題。決められている英文法の中から出題されます。
  • Reading Comprehension (RC)
    与えられた4つのPassageに対する質問に回答します。トピックは Business, Science, Societyに関するもので、トピックに応じて3~4つの質問が出題されます。
  • Critical Reasoning (CR)
    出題されたPassageの推測や結論に対して議論をおこないます。質問には5つの種類があり、回答のためには傾向理解と対策が必要になります。

beoカレッジのGMAT対策コース

MBAホルダーでCELTA(世界トップレベルの英語教授資格)保持者の
GMATに精通したネイティブ講師が指導、短期間のスコアアップを目指します

beoカレッジのGMAT対策コースは、日本の予備校式ではなく、海外のEFL式。ネイティブ講師の指導による授業は、海外で大学付属の語学学校の授業を受けるのと同じ環境です。英語の問題を英語で考えて解けるようになるので、短い時間で多くの問題を解くのに効率的です。

 

お問い合わせ・資料請求無料レベルチェック留学カウンセリング

TOEFL / TOEFL iBT / GRE / TOEIC はエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。このウェブサイトはETSの検討を受けまたはその承認を得たものではありません。