「今まで学んできた英語とは違う」留学に必要な英語力

|
留学に必要な英語力をつけるため、beoカレッジでIELTS対策、アカデミック英語コースを受講された江森さん。留学を決意したきっかけからコースを受講された感想まで詳しくお聞きしました。
江森 隆浩さん

 江森 隆浩さん
 受講コース:IELTS対策 / アカデミック英語
 受講期間:2010年10月~2011年7月
 専攻名:経済史または国際関係学(現在検討中)


これまでのご経歴を教えてください

大学生生活では、ベトナムとミャンマーをフィールドに主に子どもたちへの教育支援を展開するNPO法人の事務局長、理事を歴任し活動をしています。東南アジア諸国に関心が高く、ベトナム・ミャンマーはもちろんのこと、様々な国へバックパックや企業訪問などで訪れました。また学生(若者)が今日のグローバルな社会においてキーセクターになる必要があるとの問題意識から、様々な経験や活動を有する学生と共同し、国際協力や異文化理解の促進、また政府や企業の国際協力への取り組みなどを理解・啓発する学生団体の代表も務めています。

留学を決めたきっかけを教えてください

留学理由は2つあります。1つは,修士号は自分の将来やりたいことの必要不可欠な条件であること。(厳密には必要不可欠に近い)もう1つは、人的ネットワーキングです。留学を通して、自分の「武器」を磨くことは2つに共通する理由です。語学力の向上・専攻分野の知識習得も含めて、自分のキャリアプラン形成へ留学を通すことが適切と考えています。

コースを受講しようと思ったきっかけを教えてください

2つあります。1つは上述したNPO活動を語学面で充実させるため。英語を母国語としない国々でも社会的に英語のレベルは向上しており、使いこなすことは活動をする上で必要不可欠なため。もう1つは、留学に向けてです。英語への苦手意識を持っており、それの克服またIELTSスコアのアップです。

授業ではどのようなことを、どのように学びましたか?

私はIELTS初級コースとアカデミック英語中級コースの2つのコースを受講しましたが、前者はIELTSのスコアアップ方法(スピーキング、ライティングが中心)、毎週ショートエッセイを作成し講師のチェック、またクラスメイトと共にスピーキングなどを通して基礎的な総合レベルアップを図ります。後者は、名前の通りアカデミックな英語を学びます。エッセイの書き方から英語での論理的思考の整理と表現方法、クリティカルな視点も重要視したデスカッションなどです。適当なニュース記事を見つけてクラスメイトに説明したり、グループで間で意見をまとめてディスカッションする時もあります。

コースは難しかったですか?受講中、大変だったことはありましたか?

難しくはないです。クラスメイトやカウンセラーに不明点があればすぐ聞けますし、海外で勉強したいという目的意識が皆ありますから、難しいというよりも、刺激を受けたりします。

受講して特にどんな力がついたと思いますか?

私の場合はスタート地点が低いですから、成長したと感じるポイントも低いですが、まず英語が楽しくなったことは大きいと思います。楽しいと感じるポイントは人それぞれ、様々かと思いますが、私の場合は理解出来る、発信できることなどが楽しいポイントです。英語で自己表現が出来たり、コミニケーションが取れることは、人間の幅を広げるなと実感しています。

コースの「おすすめしたい点」としてはどのようなことが挙げられますか

IELTS初級、またアカデミック英語中級ともに目的が違いますから、一概には挙げられませんが、共通することは、「今まで学んできた英語とは違う」ということです。もちろん、中学・高校・大学と英語教育を一般的に学びますが、どちらのコースも、より学術的な英語学習です。今まで学んで来た英語が役に立たないというわけではありませんが、問われる能力、養うべき能力は異なります。その能力は海外で学ぶに当たって必要不可欠であると気づくことが第一ですし、それは私にとって大変有意義でした。 クラスメイトは、目的意識を共有できれば戦友。プライベートでも時々飲みに行ったりします。

コースの受講を検討されている方へメッセージをお願いします

当たり前のことですが、目的意識の明確化が前提条件です。費用も決して安くはないですから、目的意識がないと有意義な勉強は出来ません。ただ、beoスタッフや講師陣のサポート体制は非常に充実していますから、カウンセリングなどを通して自分にとって有意義と思うのであれば、受講をお勧めします。

英語学習カウンセラー 金原カウンセラー 金原より

江森様は最初のカウンセリングの際にお話を伺った時点で海外大学院へご留学頂く上でのアピールとなる素晴らしい経歴をお持ちでいらっしゃいました。しかしながら条件の一つとなる英語力について一抹の不安がある状態でいらっしゃった為、レベルチェックを受けて頂くことで現状の力そして問題を把握することを提案いたしました。

同レベルチェックの結果、英語を話し見聞きすることのできるレベルであることが分かり(江森様の海外でのご経験が生きていると思います。)、総合的に見てIELTSの対策を開始できる英語力を有していることが判明いたしました。そこで、IELTSテストを解くためのコツやポイントを体系的に学ぶことができ、効率の良いスコアアップに焦点をおいているIELTS対策初級コースをご受講いただき、その後にさらなるスコアアップの為にIELTSテストに対しても応用の可能なEAP(アカデミックスキル)の基礎を弊社のアカデミック英語中級コースにて学んで頂きました。

現在では英語に対しての苦手意識がなくなり、英語でのコミュニケーションを純粋に楽しんでいらっしゃるようになられたとのことで、次回以降のIELTSテストの結果が楽しみであると同時に期待しております!

★IELTS対策の詳細はこちら
★アカデミック英語の詳細はこちら