リーディング・スキルを習得して、IELTSスコアも1ポイントUP!

|

アカデミック・リーディング&スタディ・スキルコース(ACRSS)を受講後、2007年秋より、エセックス大学MA Applied Linguisticsに進学された若生奈津子さんのコースの体験談です。


体験アンケートにご協力くださった若生さん


【Q1】あなたが当オフィスのコースを受講しようと思ったきっかけは何ですか。

イギリスの大学院では読書量が多く、論文などの課題も多いので、速読して量をこなせるようになることが必要と思い、速読のスキルを学べるコースを選びました。

【Q2】コースの授業内容について教えてください。

授業では、速読はもちろん、Critical Thinking(批判的思考)を学びました。これは、イギリスの学びの場では不可欠なもので、日本の教育の中で育ってきた自分には初めて知る概念でした。

リーディング力の向上は勿論、授業でのディスカッションは、スピーキング力に繋がりましたし、リスニング力も付いたと思います。リーディングのスキルとして学んだSummarise(要約)やParaphrase(言い換え)のスキルは、エッセイライティングにも活かされました。

同コースでは、Study Skillsとして、自主学習の仕方も学びます。復習の仕方をスキルとして学んだことで、勉強が楽しくなり自然に無理なく英語の勉強をするようになっていました。コースで配られたハンドアウトは、トピックごとにバインダーにまとめ、今でも活用しています。

【Q3】クラスメート、先生について教えてください。

先生は、講師としての実力だけでなく、人格的にも尊敬できる方です。クラスメートの方も、モチベーションが高く考え方もしっかりしていて、クラスの環境も良かったです。

先生から、イギリスではクラスメート同士がお互いに学びあう、グループワークが大事であることを教わりました。そのおかげで、休憩中もお互いに英語で話すなど、授業外でも意識して学びあう環境ができました。思えば、このクラスを通して、日本人同士でも英語で話し合うことに対して全く違和感がなくなっていました。

また、クラスメートは高校生から社会人まで、年齢や経験も様々であったため、同年代と学ぶ大学の授業と違い、様々な人の意見を聞くことができ新鮮でした。年齢に関係なくお互いにファーストネームで呼び合って意見交換することも、日本社会においてはあまり経験できません。学生の自分にとって社会人の方々の意見はやはり参考になりますし、ビジネスマンであれば、既に業務で人前でのプレゼンを経験している場合もあるなど、自分と異なる経験値を感じさせられました。

【Q4】IELTSのスコア・アップに活かされた点についてお教えください。

アカデミック・リーディング&スタディ・スキルコース(ACRSS)を受講し始めた頃は、リーディングが6、リスニングが6.5、ライティングが4、スピーキングが7でOverall6.0でしたが、受講が終わる頃受けたIELTSでは、何とリーディングが7.5まで上がりました。それだけでなく、以前点数が出せなかったライティングも6に上がり、 Overall7.0を取ることができ、大学院留学に必要な英語スコア条件を満たすことができました。リーディングだけでなくほかのスキルについても相乗効果があり、全体的な英語力が上がったことを実感しています。

【Q5】ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスの留学サポートを利用されての感想をお聞かせください。

ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスでは、先生とカウンセラーさん両方が親身に一緒になってサポートをしてくださり、最終的に納得してエセックス大学のMA in Applied Linguisticsに進学を決めることができました。

【Q6】留学を目指す方にメッセージをお願いいたします。

目的意識を明確にすることが大事だと思います。留学したい、海外に出たいというだけでなく、留学して何を得てきたいか、具体的にどうなりたいか、ということをしっかり考えて勉強していくことだと思います。

★英語文献の速読・批評・分析力を見につける アカデミック・リーディング&スタディ・スキルコース(ACRSS)はこちら

★ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスの留学準備英語コースはこちら