受身ではない積極性が必要な授業

|

Mr. Nobuhide Nishino
留学総合英語コース(ESA) LV.3

授業を聞くという受身なものではなく、参加型の授業。例えば、文と文のつなぎ方を学ぶと、それをどう使うのか、クラスメイトとのゲームや会話を通して身につけていける。講師は、ただ講義を行うだけでなく、学習方法やIELTSについてなどの相談にもたびたび乗ってもらえる。特にライティングについては宿題として出された分だけでなく、取り組めば取り組んだだけチェックしてもらえる。

同じ目的を持っている方や、人生の先輩など、みんなやる気があり英語に対して積極的だった。そんな普段の生活では知り合うことが難しい方たちと共に英語を学ぶことは、ただ単に英語を学習するだけではなく多くの刺激を受けることが出来た。